2008年09月04日

日本酒の種類

日本酒はたくさんの種類がある、中高年を中心に人気の高いお酒です。
その存在は多くの人が知っていますが、実際の日本酒について詳しく知っている人は少ないものです。
ここで日本酒の特徴や日本酒の種類について紹介します。

日本の酒税法でお酒と規定されるのは、アルコール分が1度以上の飲み物とされています。
また、その中でもビール・ワインなどの醸造酒、焼酎・泡盛などの蒸留酒、リキュール・みりんなどの混成酒の3つに分類されています。

日本酒はその中でも醸造酒に分類されるアルコール飲料です。


さらに日本酒には、お米が原料として使われており、日本酒を作る工程では「漉す」という作業が行われることと酒税法に定められています。


日本酒は世界でも珍しい、温めても冷やしてもおいしく飲めるという特徴をもったお酒です。
飲む温度は他のアルコール飲料とは比べ物にならないくらい幅広く5℃〜55℃位までの範囲内でおいしく飲むことができます。

また日本酒は日本の四季を利用して作られるお酒であるということも言えます。
冬から春、夏から秋へと四季の移ろいとともに生まれ、育つ酒です。
日本独特の気候風土ががあってこそ、はじめて完成する豊かな自然の恵みと日本人の知恵の結晶であるということができるでしょう。

最近では日本酒の日本での消費は減退傾向があります。
しかし、逆にアメリカ・フランスを中心として日本酒、とくに吟醸酒のブームが起こっています。
また料理に魚介類の臭み消しや香り付けなどの調理酒としての利用も増えています。

まだ日本酒を飲んだことがないという人は、日本酒の良さをぜひ一度味わってみてください。
日本の良さを再発見できるかも知れません。

タグ:日本酒 種類
【関連する記事】
posted by nihonsyu at 14:16| 日本酒の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒ランキング

日本酒は、父の日の贈り物であったりお歳暮としても多く利用されています。
また、例えば新築のお祝いや結婚のお祝いなど、また新年のあいさつの際の贈答用としても利用されることが多いものです。
その中でランキングに入るほど人気のあるお酒をいくつかご紹介することにしましょう。


○長流(長流酒造)

「長流」を作っている長流酒造は「お客様が真に安心し、満足いただける日本酒」を目指して日本酒を作り続けています。
世界的な賞である、世界酒類食品コンクール「モンドセレクション」において1992年の初出品以来連続してゴールドメダルを受賞するという快挙を成し遂げ、2002年にはクリスタル製のハイクオリティトロフィの授与に続いて最高の栄誉である「グランドゴールドメダル」を受賞するに至りました。
他にもさまざまな賞を受賞するなどの実力で世界でも認められている日本酒のひとつです。


○呉春(呉春株式会社)

「呉春」の「呉」は池田の古い雅称「呉服の里」に由来して名づけられました。
また「春」は中国唐代「酒」を意味する通語として使われており、併せて「呉春」の名前の由来となっています。
「呉春」は、冷酒や温酒だけでなくて常温でもおいしく飲めるお酒です。
大変に人気があって手に入りづらい日本酒のひとつでもあります。
生産・出荷量の少ない地酒で特定のお店でしか取り扱われていません。
取扱店でも売り切れていることも多いので、日本酒ファンなら在庫があるのを見たらすぐに購入したいものです。


○秋鹿(秋鹿酒造)

現在、日本酒ランキングでダントツの1番人気といわれているのが「秋鹿」です。
その秋鹿の純米酒・山田錦は直汲みするとガスが含まれているため、シュワシュワっとした感じがあります。
いわゆる発泡純米酒特有のシュワシュワ感がクセになって買い求める人も多いようです。
このシュワっとした感じを味わいながらゆっくりと味を楽しんでいると、米の旨みと爽快感が一体となり、ますます日本酒のおいしさを引き立ててくれます。
酸が米の旨みを包み込むと同時にキレの良い喉越しや爽快な感覚をもたらしてくれるでしょう。

皆さんも1度試してみてください。
日本酒を苦手だと思っていた人も意外と美味しく飲めることでしょう。

posted by nihonsyu at 14:14| 日本酒ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒ショップ

日本酒には、地域ごとに独特の銘柄がたくさんあります。
銘柄によってはその土地でしか購入できないものもあります。

そんな地元でしか買えない日本酒を購入したいときに便利なのが日本酒ショップの通販です。
インターネットが普及してきたこともあって、昔よりも日本酒の通販ショップが増える傾向にあります。


そんな日本酒の通販サイトの中でも1番人気があるのが楽天市場のショップでしょう。
日本でも有名な通販ショッピングモールといえるでしょう。

楽天市場では、日本酒の人気ランキングも公表されています。
越乃寒梅・八海山・雪中梅など人気のある商品も販売されており、実質的に手に入らないだろうと思っていた日本酒が普通に売られているなんてこともあります。
楽天ショップだと、日本酒以外の商品も販売されているので、家族がいる人は家族にプレゼントを購入する時などでも利用できるでしょう。

楽天市場には独自のポイントプログラムもあるため、貯まったポイントでまた好きな日本酒を購入する事もできます。


他にも日本酒ショップには、蔵元が自ら作った地酒を直接販売している直販ショップも多くあります。
支払い方法もクレジットや着払いなど豊富ですし、日本全国に宅配もしてくれます。
送料も楽天などのショップと違いはありません。
蔵元から直接購入したいと考えている人には嬉しいですね。

飲みたい日本酒が近所の酒ショップなどに置いていない場合、地酒のショップに買いにいくことができなくて諦めていた人など、1度通販の日本酒ショップを利用してみるのがよいかもしれません。
もしかしたらあなたに合った日本酒が、見つかるかもしれませんよ。

posted by nihonsyu at 14:13| 日本酒ショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒久保田の商品

日本酒久保田は、新潟の朝日酒造株式会社で作られている日本酒です。
同じ久保田という銘柄の商品でもいくつか種類があります。


■久保田「純米大吟醸」萬寿

萬寿は、久保田の商品としては最高峰のものと言われています。
口あたりはやわらかく、ふっくらとした精魂込めた作りが感じられ、その存在感を主張しています。
日本酒度は2、酸度は1.2でアルコール度数は15度以上16度未満となっています。

上立ち香はほんのりと香る程度ですが、口に含むとしっかりした含み香があるのも特徴の一つです。
味わいは非常にクリアな印象だと言えるでしょう。

口当たりがまろやかで飲みやすいため、日本酒が苦手な人、日本酒にあまり慣れてない人、たまにはさっぱりとした味わいの日本酒が飲みたいときなどに最適です。


■久保田「山廃純米大吟醸」碧寿

「山廃仕込み」の純米大吟醸です。
けれんみのないベーシックな旨味とさわやかな飲み口が特徴です。
日本酒度や酸度、アルコール度数は萬寿と同じです。

上立ち香は、極僅かに芳香している程度。
日本酒の香りが好きという人にとっては物足りなさを感じるほどです。
しかし口に含んだ時の含み香は、山廃らしいまろやかな口当たりで、萬寿と同じく比較的飲みやすい日本酒と言われています。


■久保田「大吟醸」翠寿

女性に人気の、低温発酵で醸した吟醸生酒です。
飲み口もやさしく、後味もすっきりと爽快で、繊細かつやわらかな香味とまろやかな味わいが印象的な日本酒です。
季節限定で4〜9月にしか発売されていません。
日本酒度は3、酸度が1.1、アルコール度数が14度以上15度未満となっています。

開封したときの香りは、心地よいながらも何となく柔らかな穀物感も混ざっています。
口に含むとスキっとした辛口のなかに逆の印象ともとれるようなオイリーな栗様の丸みが僅かに伴うような不思議な感覚があります。
そして全体的な味は爽やかなお酒であるというのが大きな印象でしょう。


他にも紅寿や千寿、百寿など沢山の種類がありどれも美味しく人気の商品がです。
自分にあう久保田の日本酒を探してみるのがオススメです。

posted by nihonsyu at 14:11| 日本酒久保田について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒十四代

日本酒十四代は現在では地酒ファンのみならず、日本酒党に圧倒的な支持を受けている人気のお酒です。
その味は鼻腔に広がる馥郁とした吟醸香、そして純米山田錦らしい米のうまみがあるということができるでしょう。
大変な人気のため、手に入れるのが難しく、希少価値も高いと言われます。

値段も他の日本酒に比べると多少高価です。
しかし、それでも日本酒十四代はファンが後を絶たない銘酒です。

需要に供給が追いついていない状況が続き、ショップの中には日本酒十四代は抽選販売としているところもあるほどです。

その人気の秘密は、17年前に発売されて以来、現在まで変わることのない味、香り、芳醇さ、風味にあります。
居酒屋などでも提供されますが、常連でしかも予約しないと飲めないというお店もあるほどです。


○十四代 純米吟醸 龍の落とし子

瓶と開封すると吟醸香が匂い立ち、華やかな存在感がある一品です。
口に含むと、その味は非常に濃く、苦みや渋みといった通常ではマイナスに評価されかねない味も感じられます。
しかし、微妙なバランスの上に構成されており、逆にそれらの味がアクセントとなって非常に独特の味わいを見せています。


○鬼兜『十四代蘭引酒』

蒸留後にシェリーの古樽で熟成される焼酎です。
樽から移った風味が華やかな特徴の味わいで『日本のコニャック』と呼ぶべき本格米焼酎です。
蘭引とは、酒を蒸留すること、伝統的なタイプの蒸留機の意味です。
ヨーロッパで使われている蒸留機『アランビック』が語源と言われます。

とても人気のある商品で、購入するのは難しいのですが、ネットオークションやネットショップでも扱われていることがあります。
たまに確認してみるとよいでしょう。

posted by nihonsyu at 14:10| 日本酒十四代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟日本酒

阿部」は日本酒本来の持つ芳醇な香りと甘さを活かすことで、まるでアイスワインのような日本酒をイメージして作られているそうです。
よく冷やすか、大き目の氷の入ったグラスに注ぎ、あまり溶けないうちに飲むのが推奨される飲み方で上品な甘さが口に広がります。

新潟の酒「原酒・阿部」は、醸造元・蔵元「阿部酒造」で作られています。
ほかにも日本酒・越乃男山「越乃こころ」があります。
味のあるタイプの日本酒を中心にラインナップされていますが、飲み口のよい甘口の日本酒も造っています。

「原料米は100%新潟県産、仕込水は新潟の水、精米歩合60%以下」

これが阿部酒造のコンセプトです。
技と質にこだわったプロの酒造りを行っている酒蔵です。

「阿部」は今までにない甘口のお酒です。
日本酒を飲みなれた人でも新しい感覚で飲んで貰えるでしょう。


阿部酒造の電話・FAX・メール
TEL:(0257)22−4317
FAX:(0257)24−0903
メール:shoei@orion.ocn.ne.jp
※「@」を半角文字に変えて下さい。

送料およびカートン代(関東・北陸地域の場合)

1升ビン1本入が850円、送料250円
1升ビン2本入1060円、送料420円

関東・北陸以外の地域は送料が高くなります。
注文される場合は1度金額について問い合わせてみましょう。

ヤマト運輸のコレクトサービスを使って配達されます。

タグ:新潟 阿部
posted by nihonsyu at 14:08| 新潟日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒の価格比較

北海道のお土産の一つでもある日本酒価格を比較してみましょう。

○男山

旭川で作られている日本酒で、歴史は今から三百年さかのぼることができます。
伊丹で貯蔵が始まったのが300年前。
それ以来、古今第一の名酒として、歴史の教科書にも出てくるような有名な人たちにも愛されていたそうです。
現代に伝わる伝統の名酒と言ってもいいでしょう。
価格は小さな瓶につめられた安い物で220円から。
高価な物で4万円もする高級な日本酒です。

○国士無双

旭川で作られている日本酒です。
その製法が変わっており、日本で唯一のアイスドームの中に酒袋を吊るして、滴り落ちる雫を集めて作られているという大吟醸酒です。
大雪山麓の美瑛の丘の雪の中で冬の間じっくりと眠らせた後、春に雪中より掘り出して瓶詰めする雪中貯蔵酒などもあります。
北海道ならではの大自然の寒さとぬくもりを最大限に利用した銘酒といえるでしょう。

価格は安い物で200円、高い物でも1万円程度なので比較的お手頃な値段で購入できるといえるのではないでしょうか。

○北の誉

小樽で作られている日本酒です。
この日本酒は明治34年に創業された北の誉酒造で作られています。
北海道独特の自然環境を生かし、その一滴一滴に北海道を感じられる日本酒をとして、長い間、味を変えることなくお届けされている商品です。
価格は安い物で200円、高価な物でも1万円程度です。

○千歳鶴

札幌市で作られており、札幌南部の山々を水源とする「豊平川伏流水」を使用しています。
原料に使われている米は、平成12年酒造好適米として認定された北海道産米「吟風」です。平成16年の全国新酒鑑評会で金賞を受賞しています。

○北の錦

栗山町にある小林酒造で作られています。
お酒に合わせて仕込みの水をかえることで酒の幅を出す製法を持っています。
また一般的に行われている活性炭などによる脱色、脱臭を行わず、「米の雑味こそ酒本来の味」という考えを貫いている蔵元です。
他のメーカーの日本酒より色が濃くついて見えるのは、そのように余分な工程を省いているためです。
価格は安い物で200円、高い物で6千円程度の庶民的な日本酒であると言えるでしょう。

北海道旅行のお土産の他にも個人的に購入するのにも嬉しい価格ですね。
皆さんも1度お試しになってみてください。

タグ:日本酒 価格
posted by nihonsyu at 14:07| 日本酒の価格比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

釧路の日本酒

ここ最近、釧路唯一の酒蔵である「福司酒造」の人気が出てきました。

福司酒造は釧路で造られています。
釧路に酒蔵があるなんて聞くと北海道の人間は誰もが驚くようです。
北海道では、特に冬場の水の確保などが大変で、酒蔵もそう多くはないからです。

ただ、釧路のお隣の根室にも国内最東端の酒蔵がありますので、北海道に酒蔵がないというほどでもありません。
北海道でも米作は行われていますので、原料の確保にはさしたる問題はないでしょう。

実は「福司酒造」はユニークな商品展開でも知られています。

福司酒造では、厚岸のカキとして有名な「カキえもん」にあう日本酒の開発しています。
そしてこのほど「北とさくらさく」を開発したということで話題になっています。
これはカキとのセットで限定発売するそうです。
日本酒とかきがどのようにマッチするのか興味がある人も多いでしょう。

釧路では有名な福司の鮭ひれ酒。
これは釧路特産の鮭ひれを日本酒とセットして販売しているものです。
燗して呑むと非常に鮭ひれと相性がよいといって地元でも好評だったようです。

北とさくらさくも同じように人気が出るかもしれませんね。


ところで福司酒造は、道内の地方紙でも話題になっています。
日本唯一の坑内掘り炭鉱、釧路コールマイン(旧太平洋炭鉱)の海底坑道で熟成されていた日本酒「海底力(そこぢから)」がいよいよ予定された熟成期間を過ぎ、坑道から搬出されて正式に売り出されることになったことがニュースになっていました。

海底力は海面下225メートル、坑道入口から1600メートルという奥深い場所に1月中旬からねかせてあったもののようです。
坑道内は気温が10〜15℃、湿度が70%と一年を通して一定に保たれており、日本酒の熟成には非常に適した環境といえそうです。

気候の厳しい釧路の環境で地場産業であった炭鉱を活用する。
これは大変だとは思いますが、まさに地元企業らしい、素晴らしい試みだと言えます。

福司は淡白なイメージがあるため、辛口や濃厚な味が好きな人には敬遠されがちでした。
これは、一因として寒冷な気候のせいもあると言われてきましたが、根室の北の勝などは日本酒党を満足させられるようなじっくりした味わいなため、一概に気候のせいだけでもないようです。

最近の福司の企画商品は、そんな福司の新しい試みとして面白いものです。
また、地域の特性を活用したものが沢山あり今後が楽しみですね。
地酒を通して少しでも釧路の活性に役立ってほしいと願うばかりです。

タグ:釧路 日本酒
posted by nihonsyu at 14:05| 釧路の日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒度

最近、日本酒のよさが見直され、愛飲しているという人も増えています。
しかし、お酒好きを自称する人でも「日本酒度」や「酸度」などの日本酒の質を表す表記について理解していないという人も多いでしょう。

日本酒の瓶やパックに表記される日本酒度と酸度という指標ですが、これはあくまでも味わいについての目安になります。
しかし実際には同じような数値の日本酒でも銘柄によって舌の上で感じる味わいは全く違うときもあります。

この違いは日本酒に含まれたさまざまな成分の複合的な効果によるもので「日本酒度」や「酸度」だけでは語れないものであると考えられています。

まず日本酒度についてご紹介しましょう。
日本酒度とは、いわゆる日本酒の甘口、辛口を判断する尺度の事です。
具体的な日本酒度の測り方ですが、日本酒度計という、釣りのときに使う長い浮きのようなものを日本酒に浮かべて測ります。
日本酒度計は摂氏4℃の水の比重を元にして作られています。
これが日本酒に浮けばそのお酒の比重は重いことになります。
逆に沈めば、日本酒の比重は水よりも軽いということになります。

重い物にはマイナス、小さい物にはプラスがつけられ、さらにその重さによって数字が割り振られます。
基本的には糖分が多い甘口のお酒ほどマイナスの数字が多くなり、逆に辛口のお酒はプラスになると言われています。
基準として、中辛のお酒を好む人はプラス2くらいのお酒が良いといわれます。


次に日本酒の酸度についてです。
酸度というぐらいなので日本酒の製造過程で、酵母や麹、米などから発生してくる各種の酸の量を測定することで測られます。
具体的には乳酸やコハク酸、クエン酸、リンゴ酸などが日本酒に含まれる酸の代表的なものです。
酸が多いというのはすっぱいということかと思われるかもしれませんが、実はそうではありません。
酸には味を引き締めるという働きがあります。
コーヒーなどでも苦味だけでなく酸味という指標があるのをご存知かと思いますが、酸度が低いと、よく言えばマイルド、悪く言えばどこか間の抜けた味になってしまうのです。
日本酒でいえば、味のキレやハリ、コクがない、ぼやけた味わいになります。

日本酒の味は日本酒度だけではなかなか測れません。
日本酒を見るときは、必ず酸度の数値もふまえて判断するのがベストです。

例えば日本酒度がマイナス、つまり甘口の日本酒を購入するときは逆に酸度を高めにしておくことで味と旨味そして爽快感が出るでしょう。
逆に日本酒度がプラスで辛口のお酒になっているときは、酸度が低いほうが淡麗辛口のすっきりした感じが出るとされています。

皆さんも日本酒を購入するときには、これらの指標を参考にしながら購入してみてはいかがですか。

posted by nihonsyu at 14:04| 日本酒度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒の賞味期限

日本酒には製造年月日が記してあります。
しかし、賞味期限を記してあるものはなかなか見かけません。

実は日本酒は賞味期限という考えはないそうで、開栓しない限り、100年経っても飲めるそうです。
酵母を生かしてある生酒は、瓶の中で醗酵しますが、それは中身が日本酒から酢に変わるということです。
酢ですから、おいしいかおいしくないかは別として身体に害はないでしょう。


しかし、いくら悪影響がないといっても、おいしく飲めなければ日本酒の意味がありません。
日本酒が長期間放置されてもおいしく飲めるかどうかは、それぞれの蔵元の製造工程においてどのような処理がなされているかということにも関わっています。

要するにいつまでが熟成期間で、いつからが劣化とみなされるのか、これを判断するのは大変難しいということです。
そして蔵元が考える賞味期限とは、あくまでも日本酒としての味の範囲に収まると思われている期限を指します。

日本酒の愛好家の人は非常に熟成された味が好みであるという人も多く、それが間違いだとは言い切れません。


日本酒の熟成は温度によって大きく変わります。
冷蔵温度の摂氏5度ぐらいの温度で保存していたなら、生酒ではない熱処理された商品であれば、1年たってもおいしく飲むことができます。
このように日本酒の熟成は温度によって大きく変わります。
そして夏に買ったお酒を真夏の30℃以上にもなる部屋で保管しておけば、通常の3倍程度のスピードで日本酒の熟成は進み、味が変わってしまうこともあります。

もし長期間飲まないお酒があるということなら、低温で温度変化の少ない日陰に置いて保管しておくと、ゆっくりと熟成が進み、半年ほどすればこの世でひとつしかないあなただけのお酒に育っていることでしょう。
最近は日本酒を寝かせておける倉庫もあります。
日本酒の倉庫では日本酒の熟成に最適な環境で、その人の希望するの年月、日本酒を寝かすことができます。
自宅に寝かす場所がない。冷蔵庫に入れておくと家人が飲んでしまう。そういう人は、日本酒用の倉庫をレンタルするのがよいでしょう。

posted by nihonsyu at 14:02| 日本酒の賞味期限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。