2008年09月03日

日本酒八海山のケーキ

日本酒は基本的にそのまま冷(ひや)で飲むか、燗して飲むといった方法で楽しむと思いますが、現在では、カクテルのベースに使われたりもします。
また、料理酒といって、煮物などにお酒を少し加えることで隠し味になったりもします。

また、日本酒をケーキなどのお菓子の材料として利用することもできます。酒ケーキというものですね。

日本酒にもいろいろなブランドがありますが、その中でも比較的有名な日本酒に八海山という銘柄があります。
そのまま飲むための日本酒として人気があり、注文が殺到して手に入りにくいときもあるほどですが、その八海山を使ったケーキができました。

作っているのは太陽社というお菓子メーカーで、八海山がたっぷりと染み込んだ酒ケーキはなんと3ヶ月の熟成期間を置いているそうです。
その分、しっとりとした仕上がりになっています。
甘いものの苦手なお父さんにも嬉しい一品だと思います。

八海山が染み込んだ太陽社のケーキは、卵・砂糖・小麦粉・マーガリン・ショートニング・純米焼酎・麦芽糖・膨張剤などの原材料から作られています。
もちろん、風味を決定付けるのは純米吟醸酒の八海山です。
開封と同時にさわやかに香る銘酒八海山の爽やかな芳香は、洋酒を使ったケーキとはまた異なる、よい意味で表現しづらい深い香りです。
そして、そのケーキにナイフを入れた瞬間、しっとりとナイフに吸い付いてくるような感触があり、しかもしっかりとその中に銘酒を含んだきめの細かいスポンジはなんとも言いいようのないすばらしい柔らかさなのです。

八海山だけでなく、日本酒を材料に加えたケーキというのは多くなってきています。
パウンドケーキやシフォンケーキなど、西洋のお菓子に日本酒が加えられているのは、なんとなくおもしろいものですね。

こういった日本酒を使ったケーキの中には、手作りで作れるレシピなどが公開されたものもあります。
お菓子作りが好き、そんな人は、自分でレシピを見て実際に作ってみるのもよいのではないでしょうか。
自分だけのオリジナルケーキが、自分の好みに応じて作れるため、とても楽しいものです。

毎日家族のため、一生懸命、仕事を頑張っているお父さん。
甘いものが大好きなお父さんなら、誕生日のケーキや父の日のプレゼントなどとして、八海山のケーキをあげてみてはいかがですか。

甘いものが嫌いなお父さんなら、八海山そのものを贈ってあげるのもいいかもしれませんね。
posted by nihonsyu at 12:02| Comment(0) | 八海山のケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。