2008年09月04日

日本酒黒龍

豊かな自然と伝統の中で育まれてきた黒龍酒造株式会社の「黒龍」。

「黒龍」は「ものつくり」の創造性を追求して、人間の心のコミュニケーションとなる「酒」を提供すると共に、地域社会と自然環境を大切に見つめて、『感動、感激、感謝』の気持ちを持って社会に貢献する。という黒龍酒造株式会社の企業理念の中で育った日本酒であるということがいえるでしょう。

黒龍酒造は福井県にある酒造会社です。
近くには約750年前に道元禅師によって開創された曹洞宗の大本山である永平寺があります。

黒龍酒造のある松岡という地域は、現在では人口1万人程度の小さな町になっていますが、以前は酒造りが松岡藩の奨励産業にも指定されていたこともあり、16もの蔵元が軒をつらねた一大銘醸地だったそうです。

さて、その中で今も残る数少なくなった酒造会社の一つ、黒龍酒造株式会社の商品を幾つかご紹介していくことにしましょう。


黒龍「純米大吟醸」石田屋

石田屋は長期低温熟成という技術により大吟醸純米酒を低温で3年熟成させた黒龍酒造の最高峰の純米大吟醸といってもいいでしょう。
とてもクリアな造りで、舌を刺激する雑味はまったくありません。
上品な香りと丸味のあるほのかな味わいが印象的です。
名前の由来は、黒龍酒造の屋号である「石田屋」から名づけられたそうです。


黒龍「大吟醸」龍

昭和50年(1975年)全国に先駆けて発売した話題のお酒です。
黒龍の蔵人が細心の注意と情熱をかたむけて生み出した大吟醸酒は、非常にバランスの取れた綺麗なお酒です。


皆さんもこの機会に黒龍酒造のお酒を1度試してみてはいかがでしょうか。
今回紹介した種類の他にもたくさんの商品ラインナップがあります。
きっと皆さんのお口に合った日本酒が見つかると思います。

 酒造会社データ

 黒龍酒造株式会社
 福井県吉田郡永平寺町松岡春日1−38
 0776-61-0038

タグ:福井県 黒龍
posted by nihonsyu at 13:38| 日本酒黒龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。