2008年09月04日

日本酒越乃寒梅

越乃寒梅」という日本酒をご存知でしょうか。
日本酒党の方なら飲んだことがあったり、一度は飲んでみたいと思っているかもしれません。

「越乃寒梅」は一般的に幻の酒と言われています。
石本酒造の「頑なに極める」というモットーを貫いた酒造りだからこそ、普通のお酒から超特撰まで全ての酒が限定品として造られています。
限定品だからこそ、プレミアが付き、幻の酒と呼ばれるほどの人気になっているということですね。

越乃寒梅の種類についてご紹介してみたいと思います。

まず、越乃寒梅白ラベルです。
この白ラベルは、自然体で飲むことでその旨さが判る、と言われている、高品質な普通酒です。
白ラベルは飲めば飲むほど、蔵元のこだわりの味がしみわたり、冷やでも燗でも美味しく頂くことができる日本酒になっているといえるでしょう。

つぎに、越乃寒梅別撰です。
別撰は石本酒造の自信作とされ、吟醸レベルのコクと味を兼ね備え、デリケートで品のある口当たりが最高の一本です。
白ラベルと同様に冷やでも燗でも美味しくいただける別撰は、何杯でもいける甘口タイプです。

この二つが普通酒で常に上位の人気を誇っている、越乃寒梅の売れ筋ラインナップです。

限定品が多いのも越乃寒梅の特徴です。

越乃寒梅無垢は、贅沢な吟醸造りの特別純米酒です。
上品でセンシティブな香り、それにプラスアルファの旨味とコクが越乃寒梅無垢の特徴であるといえるでしょう。
原料米特有の旨味を完全に味わうためには、冷やではなく、ぬる燗にするとよいでしょう。

越乃寒梅特撰は、しっかりと醸され、熟成された吟醸酒の中の吟醸とさえ言われている銘酒です。
越乃寒梅を語る上でかかせない一品でしょう。
飲み方は冷ではもちろんですが、ぬる燗で飲むのが、特撰が絶妙な味わいを引き出すと評判の限定品です。

越乃寒梅金無垢は、石本酒造の造る純米酒の中でも究極の純米大吟醸で、上質で繊細な香り、そして味わいが奥深い旨さが何とも言えませんね。
日本酒はお燗の仕方によって、ますますおいしく飲めます。
ぜひお試し下さい。 

越乃寒梅超特撰は、究極の贅沢な逸品です。
デリケートかつエクセレントな味わいは控えめな、しかししっかりとした旨さが感じられ、まさに究極のという謳い文句を裏付けていると言えるのではないでしょうか。
超特選は口に含むと蔵の酒造りのメッセージがお酒に託されているように感じられます。
ぬる燗で飲むと非常にやわらかい口当たりになり、旨さも倍増しますよ。

ラベル:幻の酒 越乃寒梅
posted by nihonsyu at 13:50| 日本酒越乃寒梅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。