2008年09月04日

日本酒の種類

日本酒と一言で呼ばれますが、日本酒にも造り方などによって、いくつかの種類に分かれています。
それによって飲む人の好みに合わせた味の日本酒を選ぶ事が出来ます。
それではどういった種類があるのか具体的にご紹介していきましょう。


○吟醸酒

原料は白米、米こうじ、水および醸造アルコールで、白米には精米歩合60%以下ものを使用します。
低温でゆっくり醗酵させることによって吟醸造りにします。
味わいとしては、フルーティーな吟醸香と淡麗な味わいが特徴といえるでしょう。
白米・米こうじと水のみを原料として造られたものを純米吟醸酒あるいは吟醸純米酒と呼びます。


○大吟醸酒
吟醸酒の一種ですが、白米の精米歩合50%以下に限定したものになります。
以前は品評会の出品用として醸造されることが多く、ほとんど商品化されていなかったため、単独で市場に出荷されることがない幻の酒と言われていました。
しかし、日本酒好きの間で話題になり、現在では多くの蔵元が大吟醸の商品化を行っており、普通に購入できるようになりました。
吟醸香が高く、デリケートな味わいは、まさに芸術品の域に達しています。


○純米酒
精米歩号の70%以下の白米・米こうじと水だけを原料として造られています。
米のうまみを生かした風味が特徴です。
純米酒の中でも精米歩合60%のものを吟醸純米酒といいます。


○本醸造酒
精米歩合の70%以下の白米・米こうじ・水そして醸造アルコールを原料として造られています。
少量の醸造アルコールを加えることで、純米酒に比べるとすっきりとした味わいになっています。


○普通酒
一番多く飲まれている日本酒です。
白米・米こうじ・醸造アルコール等を原料としています。
気軽に味わえるお値段と慣れ親しんだ風味が特徴と言えるのではないでしょうか。


○生酒
製成後にいっさいの加熱処理をしないことで酵母や酵素を生かしている日本酒です。
しぼりたてのフレッシュな味わいと華やかな香りが特徴です。


○生貯蔵酒
製成後にいっさいの加熱処理をせずに貯蔵し、瓶詰め出荷工程で加熱処理を行うものです。


それぞれに特徴がありますので、飲みやすいと思う日本酒を見つけましょう。

ラベル:種類 日本酒
【関連する記事】
posted by nihonsyu at 13:59| 日本酒の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。