2008年09月04日

日本酒の種類

日本酒はたくさんの種類がある、中高年を中心に人気の高いお酒です。
その存在は多くの人が知っていますが、実際の日本酒について詳しく知っている人は少ないものです。
ここで日本酒の特徴や日本酒の種類について紹介します。

日本の酒税法でお酒と規定されるのは、アルコール分が1度以上の飲み物とされています。
また、その中でもビール・ワインなどの醸造酒、焼酎・泡盛などの蒸留酒、リキュール・みりんなどの混成酒の3つに分類されています。

日本酒はその中でも醸造酒に分類されるアルコール飲料です。


さらに日本酒には、お米が原料として使われており、日本酒を作る工程では「漉す」という作業が行われることと酒税法に定められています。


日本酒は世界でも珍しい、温めても冷やしてもおいしく飲めるという特徴をもったお酒です。
飲む温度は他のアルコール飲料とは比べ物にならないくらい幅広く5℃〜55℃位までの範囲内でおいしく飲むことができます。

また日本酒は日本の四季を利用して作られるお酒であるということも言えます。
冬から春、夏から秋へと四季の移ろいとともに生まれ、育つ酒です。
日本独特の気候風土ががあってこそ、はじめて完成する豊かな自然の恵みと日本人の知恵の結晶であるということができるでしょう。

最近では日本酒の日本での消費は減退傾向があります。
しかし、逆にアメリカ・フランスを中心として日本酒、とくに吟醸酒のブームが起こっています。
また料理に魚介類の臭み消しや香り付けなどの調理酒としての利用も増えています。

まだ日本酒を飲んだことがないという人は、日本酒の良さをぜひ一度味わってみてください。
日本の良さを再発見できるかも知れません。

ラベル:日本酒 種類
【関連する記事】
posted by nihonsyu at 14:16| 日本酒の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。