2008年09月04日

日本酒カクテル

日本酒カクテルというのをご存知でしょうか。
カクテルと言えば洋酒で作るもの。そんなことを言っていると、話についていけないかもしれません。
最近のOLさんには日本酒カクテル好きも多いようですよ。


2層仕立てで色がとても綺麗な春色のカクテルの作り方をご紹介しましょう。

カクテルの材料
・クランベリージュース30cc
・日本酒60cc
・サクラの花の塩漬け(トッピング)

カクテルの作り方

1.まずサクラの花の塩漬けを水に10分〜15分くらいつけて塩を抜きます。
2.カクテルグラスに日本酒を注ぎ入れます。
  日本酒の銘柄はなんでもよいですが、今回は肥前鹿島の特別純米酒「芳薫」中取り生を使用しました。
3.グラスに這わすように静かにクランベリージュースを注ぎ入れます。
  このときジュースとお酒の比重差により、二つの液体は混ざらず2層を形成します。
  ただし、そうっと入れないと混ざってしまうので注意が必要です。
  クランベリージュースがなければグレナデンシロップやイチゴのシロップ等、赤い色のシロップならなんでも良いでしょう。
4.最後に、1.で塩抜きをしておいたサクラの花をグラスに入れると、2層に分かれた境目に浮かぶように漂い、きれいです。

このカクテルのポイントは、とにかく上下の層にきれいに分ける為に、お酒とシロップが混じらないようにゆっくりとグラスの肌を伝うように、ジュースを注ぐことです。



もう一つ女性に人気のカクテルを紹介します。

カクテルの材料

・日本酒
・赤いリンゴ
・色付きのグラニュー糖(なければ普通のグラニュー糖でも可)
・グレナデンシロップ(なければイチゴのシロップなどでも可)

カクテルの作り方

1.リンゴは厚めに(目安は3mm程度)皮をむいてから、桜の花びら型に抜いてレモン汁もしくは酢水を振りかけて、変色しないようつけておきます。
2.カクテルグラスの縁を水で濡らし、色付きのグラニュー糖をグラスの縁に付けます。
3.カクテルグラスにクラッシュドアイスを入れ、グレナデンシロップと日本酒を注ぎいれます。
4.最後に上から花びら形に切ったリンゴの皮を浮かせると出来上がりです。

紹介した日本酒カクテルは、ソルティー(というかシュガーですが)仕上げの見た目や色もとても綺麗ですし、味も飲みやすくおいしいため、彼女などに作ってあげると喜んでくれるかもしれません。

日本酒カクテルは材料さえ揃えれば家でも作れます。
皆さんも日本酒でカクテルを作ってみてはいかがでしょうか。

posted by nihonsyu at 13:01| 日本酒カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。