2008年09月04日

日本酒の銘柄

日本酒の銘柄は本当にたくさんのものがあり、また、新しく生まれているものもあるので、全てを把握するのは容易ではありません。

そんなたくさんの銘柄の中で、今回は石川県のオススメ銘柄をご紹介することにしましょう。
石川県は冬の寒さが厳しい北陸にあるため、気候的に寒冷というのが特徴です。
そのため、白山水系の質の高い仕込み水や酒造好適米のなど、よい酒造りに必要な条件が揃ったお酒の名醸地の一つとなっています。

そんな石川県の地酒の中でも1番人気のあると言われているのが、菊姫の菊理姫です。
菊理姫は、その年で最高の造りという吟醸酒を選び、それを十数年かけて熟成させたお酒です。
その造り方からも分かるように、一切の妥協を許さず、最高の日本酒造りを貫いています。

菊姫は、昭和42年の全国新酒艦評会の初出品から23年間連続して受賞という高い評価を得ています。
高レベルな酒造技術により、吟醸酒・純米酒など高級酒を中心に販売を伸ばしています。
発出品となった昭和42年の全国新酒鑑評会の翌年には、原料や工程を品評会レベルに高めたそうです。
飲んで旨いと思われる吟醸酒「大吟醸」を発売したのもその年のことです。

昭和53年には、山廃酒母を使用することにより、米の旨みが感じられる個性的な純米酒「山廃仕込純米酒」を日本で最初に発売しました。
しかし、この山廃仕込みという製法は、酒母の育成に比較的手間がかかる上に、酒質が濃醇でパンチのきいた味となるという理由から、現在日本酒の主流になっている端麗タイプの清酒には不向きです。
そのため、山廃仕込みの純米酒というのは、ヒットすることはないと思われていました。
しかし、個性的な清酒を求める多くのファンにとって、菊姫が復活させた山廃仕込純米酒はまさに待ち焦がれていたもの、という人も多く、人気の銘柄の一つに躍り出ました。

菊姫の菊理姫は、石川県民を中心に愛飲されている銘柄ですが、全国にも人気が広まってきています。
製造の過程から丁寧に作られている、愛情たっぷりの石川県の人気の日本酒銘柄を満喫してみませんか。

posted by nihonsyu at 13:51| 日本酒の銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。