2008年09月04日

日本酒を使った化粧水

日本酒を使った化粧品があります。
これは日本酒に含まれているオリザブランという成分が保湿に優れていることを利用したもので、肌からの水分蒸発を防ぎ、潤いある肌にしてくれます。
肌の潤いを保つため、美肌になる効果があり、美白にも役立つと言われています。

ただ、日本酒を使った化粧品というのは、安いとは言えない値段のものです。
そこで、日本酒入りの化粧水を自作する方法をいくつかご紹介したいと思います。

ビタミンE入り日本酒&酢ローション

材料
・酢             2cc
・日本酒          30cc
・市販のビタミンEのカプセル 5粒
・水            30cc
・グリセリン      小さじ2杯

作り方
日本酒の中に酢を入れその後に水を加えます。
そして日本酒・酢・水を混ぜた物にグリセリンを入れます。
グリセリンの分量は肌の乾燥状態に合わせて調節するとよいでしょう。
ビタミンEカプセルを二つに割り、中身だけをこの化粧水に加えます。
カプセルの量も5粒としてありますが好みで加減してもよいですね。

日本酒と酢をあわせるので弱酸性の水質になります。
そのため肌に対してストレスが低く保湿や美白効果も期待できます。
水を加えるのはアルコールの刺激に敏感な肌でも使えるように薄める意味です。

日本酒という有機成分が入っていることと、一般の化粧水と違って、防腐剤などが入っていないことから、あまり長持ちはしません。
10日程度で使い切るようにするとよいでしょう。

また、ビタミンEカプセルを化粧水に混ぜ込むだけでなく、使用するたびにカプセルを1個つぶして手のひらで化粧水と合わせ、その手でマッサージすることで、より美肌に効果的と言われます。


梅干入り日本酒化粧水

材料
・日本酒     200cc
・梅干      5〜6個
・水         適量

作り方
梅干を2〜3日水につけて塩抜きします。
塩抜きした梅干の水気をよく切り、容器に梅干と日本酒を入れてフタをします。
1週間ほど寝かせた後、梅干を取り出し、ガーゼでこせばできあがりです。

日本酒の美白効果に加え、梅干の老化防止・シワや湿疹の改善効果があります。
美肌効果が期待できるので、顔はもちろんひざやかかとなどの、角質がカサついたところにも効果が出るでしょう。
こちらも消費期限は1〜2週間だと思っておくとよいでしょう。
でき上がった化粧水は冷蔵庫で保管するようにします。

ラベル:日本酒 化粧水
posted by nihonsyu at 14:01| 日本酒の化粧水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。