2008年09月04日

発砲日本酒

日本酒の中には、発泡日本酒と呼ばれる種類のものがあります。
発泡日本酒は、その名のとおり、発泡性のある日本酒で、ビールやシャンパンのような炭酸タイプの日本酒になります。

風味は総じて甘く柔らかいため、お米を原料にしたシャンパン、と言ってもいいような風味を持っています。

発泡日本酒をおおきく分けると、その製造の方法により2種類に分けられます。
1つは、発酵工程を早めに止めて瓶詰めし、残っている糖分を使って瓶内で発酵を進行させることにより炭酸ガスを生成させるタイプで、もう一つは、醸造された日本酒に後付けで炭酸を吹き込むタイプです。

飲み比べてみると分かりますが、瓶内発酵された発泡日本酒は、炭酸が細やかで丸みのある柔らかな舌触りが心地よいお酒になっています。
逆に炭酸を後付けされたものは、パンチのある喉越しに仕上がっているといえるでしょう。

アルコール度数もたいていは5〜7度ぐらいの低めなものが主流で、飲みやすいのが嬉しいものです。
炭酸も入っているため、爽快でキレのある、後味が良い日本酒、それに加えてやや甘口なトーンに仕上がっているものが多く、女性向きの日本酒といえるでしょう。

発泡日本酒の歴史は浅く、1998年秋に初めて発売されました。
しかし、それ以降は着実に世に認められてきている日本酒でもあります。

昔からの日本酒の愛飲者には、発泡日本酒は少し邪道に思われるかも知れません。
しかし、やや敷居の高かった日本酒というアルコール飲料の新たな魅力を引き出したものとしての功績は大きいと思います。

発泡日本酒を飲んだことがないという人は日本酒の新しい世界を覗いてみるためにも一度試してみることをオススメします。

ラベル:発泡日本酒
posted by nihonsyu at 13:40| 発泡日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒黒龍

豊かな自然と伝統の中で育まれてきた黒龍酒造株式会社の「黒龍」。

「黒龍」は「ものつくり」の創造性を追求して、人間の心のコミュニケーションとなる「酒」を提供すると共に、地域社会と自然環境を大切に見つめて、『感動、感激、感謝』の気持ちを持って社会に貢献する。という黒龍酒造株式会社の企業理念の中で育った日本酒であるということがいえるでしょう。

黒龍酒造は福井県にある酒造会社です。
近くには約750年前に道元禅師によって開創された曹洞宗の大本山である永平寺があります。

黒龍酒造のある松岡という地域は、現在では人口1万人程度の小さな町になっていますが、以前は酒造りが松岡藩の奨励産業にも指定されていたこともあり、16もの蔵元が軒をつらねた一大銘醸地だったそうです。

さて、その中で今も残る数少なくなった酒造会社の一つ、黒龍酒造株式会社の商品を幾つかご紹介していくことにしましょう。


黒龍「純米大吟醸」石田屋

石田屋は長期低温熟成という技術により大吟醸純米酒を低温で3年熟成させた黒龍酒造の最高峰の純米大吟醸といってもいいでしょう。
とてもクリアな造りで、舌を刺激する雑味はまったくありません。
上品な香りと丸味のあるほのかな味わいが印象的です。
名前の由来は、黒龍酒造の屋号である「石田屋」から名づけられたそうです。


黒龍「大吟醸」龍

昭和50年(1975年)全国に先駆けて発売した話題のお酒です。
黒龍の蔵人が細心の注意と情熱をかたむけて生み出した大吟醸酒は、非常にバランスの取れた綺麗なお酒です。


皆さんもこの機会に黒龍酒造のお酒を1度試してみてはいかがでしょうか。
今回紹介した種類の他にもたくさんの商品ラインナップがあります。
きっと皆さんのお口に合った日本酒が見つかると思います。

 酒造会社データ

 黒龍酒造株式会社
 福井県吉田郡永平寺町松岡春日1−38
 0776-61-0038

ラベル:福井県 黒龍
posted by nihonsyu at 13:38| 日本酒黒龍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康を考えた日本酒のおつまみ

日本酒と言えば、日本酒に合うおつまみも楽しみのひとつですね。

けれども、つまみを食べながら飲むのは太る原因になってしまう、お金もかかるし、手間もかかる、そう思う人も多いようです。
そういった人たちのために、今回は健康的でリーズナブルなお手軽つまみの作り方を紹介します。


「山芋のたたき」

山芋は居酒屋などでもメニューにならんでいて、日本酒との相性も良く、人気のあるメニューの一つです。
これを読んでいる人の中にもファンが多いことでしょう。

イモ類の中でも、調理せずに生のまま食べることができる山芋ですが、ゆっくりと消化される特徴があり、血糖値の上昇がゆるやかなヘルシー食材として知られています。
またゆっくりと消化されるため、腹持ちがよく、エネルギーの持続性があります。

また、山芋に限らず、ねばりのある食品に共通していわれるのが「精がつく」と言う事ですね。
ヤマイモについてもその例にもれず、元気の出る食べ物として知られています。
また、タンパク質とマンナンが結合した物質が、便通を整える、腸内環境の整備向上に役立つ食材ですし、胃壁の保護という効果もあります


山芋のたたきの作り方ですが、千切りまでとはいかないまでも、山芋をとにかく適当に包丁で刻んでいきます。
あとはお好みで海苔をかけたり、わさびや柚コショウをかけて食べます。
酢醤油をかけてご飯にのせたり、だしじょうゆをかけたりするのもおすすめです。


このように簡単に作れる日本酒のおつまみなら、仕事で疲れて帰ってきた人でもお手軽に作れるので、嬉しいですよね。
材料さえあればすぐに作る事ができますし、自分で好きなようにアレンジする事もできます。

他にもたんぱく質などの栄養が豊富です。
おつまみを食べたら太ると考えている人もいるかもしれませんが、つまみもなしに日本酒だけ飲むことを考えれば断然ヘルシーだと言えます。

また自分で手作りをすると、外食が減って経済的です。
仕事から疲れて帰ってきた旦那様や、遊びに来た彼氏に、ありものでパッと作ってあげたりしたら、あなたを見る目が変わるかもしれません。

ラベル:おつまみ 日本酒
posted by nihonsyu at 13:36| 健康な日本酒のおつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒のおつまみ

日本酒に合うおつまみは、本当にたくさんの種類があるものです。
ただ、家で独りで飲む、というときにはわざわざつまみを作るのも面倒だという人も少なくないでしょう。

そこで簡単に作れて美味しいおつまみをご紹介したいと思います。
健康的で簡単なお料理ですから、誰でも作れますよ。


「イワシの青じそ巻き梅風味」

材料
・イワシ ・青紫蘇
・酒   ・みりん
・醤油  ・梅干し

作り方
1.イワシを開きます。
2.半分に切った青じそを1.にのせて、端から巻き、楊枝で刺して留めます。
3.フライパンを熱して、イワシを焼きます。
4.イワシの表面に火が通ったら、酒・みりん・醤油少々、梅干し1〜2個をフライパンに入れます。
5.水を少し加えて、フライパンにフタをし蒸し煮にします。
  途中で梅干しを箸で崩すようにすると、梅干の風味が煮汁に溶け出しておいしくなります。
  3分ほど中火で煮たら完成です。

イワシを焼くときには、テフロン加工のフランパンであれば油はひかなくても問題ありません。
その他の材質のフライパンであれば、サラダ油を敷いてやれば焦げ付きを防ぐことができます。

さらに、イワシを開くときに背びれや小骨を取り除き、縦半分にして使うと、さらに食べやすくなるでしょう。


このおつまみが健康的といわれるゆえんは、メインの食材であるイワシに良質のたんぱく質、脂肪などがが多く含まれているためと、頭が良くなると話題な「EPA(エイコサペンタエン酸)」「DHA(ドコサヘキサエン酸)」という不飽和脂肪酸が多く含まれていることにあります。
さらに、血液をサラサラにする効果もあるといわれていますので、全身の血流がスムーズになることが期待できます。
脳への血流も良くなって、頭の働きがさらにクリアになるという効果があるという人もいます。

さらに、イワシですから骨ごと食べれて、カルシウムも摂取できます。
おまけにそのカルシウムの体内への吸収を助けるビタミンDも一緒に取れることから、このイワシを使ったおつまみは健康に良いと言われるのです。

クエン酸を含む梅干しと煮ることで疲労回復にも役立ちます。
さらに青じそには整腸作用などの効果があります。


最後に1点だけ注意です。
イワシは鮮度が命ですから、買ってきたらすぐに調理するようにしましょう。
開きや刺身で買ってきて作るのも良いかもしれませんね。

ラベル:おつまみ 日本酒
posted by nihonsyu at 13:33| 日本酒のおつまみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒カクテル

日本酒カクテルというのをご存知でしょうか。
カクテルと言えば洋酒で作るもの。そんなことを言っていると、話についていけないかもしれません。
最近のOLさんには日本酒カクテル好きも多いようですよ。


2層仕立てで色がとても綺麗な春色のカクテルの作り方をご紹介しましょう。

カクテルの材料
・クランベリージュース30cc
・日本酒60cc
・サクラの花の塩漬け(トッピング)

カクテルの作り方

1.まずサクラの花の塩漬けを水に10分〜15分くらいつけて塩を抜きます。
2.カクテルグラスに日本酒を注ぎ入れます。
  日本酒の銘柄はなんでもよいですが、今回は肥前鹿島の特別純米酒「芳薫」中取り生を使用しました。
3.グラスに這わすように静かにクランベリージュースを注ぎ入れます。
  このときジュースとお酒の比重差により、二つの液体は混ざらず2層を形成します。
  ただし、そうっと入れないと混ざってしまうので注意が必要です。
  クランベリージュースがなければグレナデンシロップやイチゴのシロップ等、赤い色のシロップならなんでも良いでしょう。
4.最後に、1.で塩抜きをしておいたサクラの花をグラスに入れると、2層に分かれた境目に浮かぶように漂い、きれいです。

このカクテルのポイントは、とにかく上下の層にきれいに分ける為に、お酒とシロップが混じらないようにゆっくりとグラスの肌を伝うように、ジュースを注ぐことです。



もう一つ女性に人気のカクテルを紹介します。

カクテルの材料

・日本酒
・赤いリンゴ
・色付きのグラニュー糖(なければ普通のグラニュー糖でも可)
・グレナデンシロップ(なければイチゴのシロップなどでも可)

カクテルの作り方

1.リンゴは厚めに(目安は3mm程度)皮をむいてから、桜の花びら型に抜いてレモン汁もしくは酢水を振りかけて、変色しないようつけておきます。
2.カクテルグラスの縁を水で濡らし、色付きのグラニュー糖をグラスの縁に付けます。
3.カクテルグラスにクラッシュドアイスを入れ、グレナデンシロップと日本酒を注ぎいれます。
4.最後に上から花びら形に切ったリンゴの皮を浮かせると出来上がりです。

紹介した日本酒カクテルは、ソルティー(というかシュガーですが)仕上げの見た目や色もとても綺麗ですし、味も飲みやすくおいしいため、彼女などに作ってあげると喜んでくれるかもしれません。

日本酒カクテルは材料さえ揃えれば家でも作れます。
皆さんも日本酒でカクテルを作ってみてはいかがでしょうか。

posted by nihonsyu at 13:01| 日本酒カクテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒カロリー

コレステロールが善玉と悪玉の2種類に分けられるというのは、健康番組ブームということもあってご存知の方が多いと思います。
ちなみに日本酒は、善玉コレステロールが多く含まれている飲み物のひとつです。

善玉コレステロールは、体の各組織や血管などに溜まった悪玉コレステロールを肝臓に運び代謝処理する手助けをしてくれます。

酒は百薬の長と言われますが、これは適量の飲酒を行うことで、体に善玉コレステロールを取り込むことができるということも一つの要因です。

総コレステロールが高くても、善玉コレステロールの量が悪玉コレステロールを上回っていれば、コレステロールによる代表的な弊害である動脈硬化も進みにくいといえます。

さらに、日本酒には制ガン効果もあるとさえ言われています。
日本酒がガンの発生リスクを抑制するというのは疫学的研究によっても証明されている事実です。

他にもヒトのガン細胞に日本酒の濃縮液を添加する、という実験を行ったところ、ガン細胞の増殖が著しく抑制された、という研究結果もあるのです。
日本酒は天然酵母の力を使って作られるため、100種類を超える微量成分が含まれているといわれます。
これが日本酒独特の深い味わいを演出しているのですが、その中の幾つかの成分がガン細胞の増殖を抑制する作用を持っているのではないかと言われています。


日本酒は太るから、ということで、特に女性に敬遠される傾向にあるそうです。
しかし、先にも書いたとおり日本酒を飲むから太る、というのは、おおよそ誤解であろうと思われます。
というよりも、普段飲んでいるお酒の種類と肥満は直接の関係はありません。

太る、太らないというのは、総摂取カロリーの問題であることはほぼ間違いありません。
おいしい日本酒を飲むと、おいしいアテが欲しくなりますが、日本酒のアテとして一緒に食べるものには気をつけたいものです。


また、日本酒をよく飲む人は糖尿病になりやすいようなイメージを持っている人もいるかもしれません。
しかし、糖尿病と日本酒にも直接の関係はありません。
アルコールは1gにつき7キロカロリーものエネルギーを持っています。
これは日本酒に限らず、どんなお酒でも同じです。

糖尿病に、日本酒の糖分がよくない、日本酒はカロリーが高い、といった意見は、科学的な根拠に欠けた意見であると思います。


他にも、お相撲さんの肌は、日本酒できれいになる、といったことを聞いたことがあるかもしれません。
これも科学的な根拠ははっきりと分かりかねますが、日本酒は他のアルコールを飲んだときよりも長時間、体温が高い状態を持続させると言われています。
体温が高いということは、皮膚の表面の血液循環が良くなるということですから、ふだんから日本酒を飲んでいるお相撲さんは肌のツヤや輝きがよい、ということにつながっているのかもしれません。

posted by nihonsyu at 12:54| 日本酒カロリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高級日本酒

アメリカでも日本酒の人気高まってきています。
日本酒の輸入量も増加傾向にあるようです。

特に高級日本酒は、日本食レストランだけでなく、日本食以外のレストランでも広く浸透してきているとのこと。
ニューヨーク、サンフランシスコなどの有名レストランでは、高級日本酒を取り扱っていることが一種のステータスとなっているようです。
日本のレストランで言えば、ワインのような感じになるでしょうか。


高級日本酒を取り入れているようなレストランは、テレビや雑誌などのメディアでもたびたび取り上げることがあるような創作料理のレストランが多いようです。
あるワイン雑誌にこういった評が載っていました。

「日本の高級日本酒は、アジア料理はもちろんだが、さまざまな地域の料理にマッチすることが分かった。また日本酒はワインと比較して軽く繊細なテイストが特徴で、酸味も少ない傾向にある。そのため低酸性の軽い料理にもよく合うのだ」と。


ニューヨーク・タイムズ紙にも、日本食以外のレストランにおいて、高級日本酒をメニューに取り入れていることが紹介されていました。
サンフランシスコで日本酒専門のショップ経営の人にインタビューしてみたところ「日本酒はサンフランシスコでは、寿司レストランで多く飲まれているようだが、最近では、フュージョンレストラン・アジア系レストラン・バーなどで飲まれるようになってきているようだ。」とのことでした。

貿易統計で見てみても、2000年あたりから日本酒のアメリカへの輸出量は増加していることが分かります。
どういった種類ということまでは貿易統計には直接記述はありません。
しかし統計の数字からからみる限りでは、価格帯の高い高級日本酒の輸出が増えているということが容易に想像されます。

日本酒はアメリカではかなりの高級品です。

そのことがよく分かるお話を聞いたことがあります。
なんでも、サンフランシスコにある「ルビコン」というお店では、ワインリストの中に「スペシャル・セレクションズ」として吟醸酒の銘柄が掲載されており、注文するとガラス製の小さなおちょこに入れられた吟醸酒が10ドルもの高額で提供されているそうです。
これを聞いたとき、日本に生まれてよかった、と思ったのは私だけではないでしょう。

そのほか、観光地にある生牡蠣などが食べられるバーなどでも日本酒が扱われているのです。
純米酒、大吟醸酒、生原酒などの銘柄が提供されているのですが、値段はそれぞれ1合程度で、8ドル〜12ドルといったお値段になっているそうです。


アメリカではこのようにちょっとした日本酒ブームですが、世界ではまだまだ日本酒はメジャーなアルコール飲料とは言えないでしょう。
日本酒を世界的に普及させるためには、日本酒について解説したビデオ等により日本酒は安全性の高いアルコール飲料であることや、味などワインなどとは違った独特の特性があることなど、日本酒の長所を効果的に宣伝していくことが必要だろうと言われています。

posted by nihonsyu at 12:50| 高級日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性に人気の日本酒

最近では、都会の女性でも日本酒を飲む人が増えてきましたね。
そこで女性に人気がある日本酒を紹介します。


出羽桜「出羽燦々

出羽桜「出羽燦々」は純米吟醸生酒です。
出羽桜酒造は山形県の酒蔵です。
出羽桜「出羽燦々」は酸度が1.4、日本酒度が+4。数値的に見てもくせのない飲みやすいお酒と言えるでしょう。
女性に人気のある秘密は、出羽桜酒造特有のメロンを思わせるような清々しい吟醸香が大きいです。
さらに生酒のフレッシュな口当たりが飲みやすい一品です。

出羽燦々ならではのふくよかな味わいは、日本酒好きな男性でも納得の味だと言えるでしょう。


ジャンパン(JANPAN)

ジャンパン(JANPAN)発泡純米酒は、岐阜県の地酒です。
酸度が4.0〜4.5とかなり高く、日本酒度は-26となっています。
発泡酒と言うとシャンパンやビールなど、洋酒を思い浮かべると思いますが、珍しい日本酒の発泡酒がジャンパンなのです。名前も面白いですね。

全日空国際線ファーストクラスでは、ジャンパンがウェルカムドリンクとして使用されることもあるそうです。
ポンッと栓を抜く和風のシャンパンと呼ばれています。

肝心の味はどうかというと、爽快な甘酸っぱい味わいが口の中で弾けます。
しかし、アルコール度はやや控えめですから、女性でも飲みやすく、まさに乾杯のドリンクとしてシャンパンの代わりにもぴったりな発泡純米酒なのです。


手取川「加賀美人」

手取川「加賀美人」本醸造酒は、石川県のお酒です。
酸度が1.2・日本酒濃度-11と若干甘口のお酒ですから女性にも人気があります。

もち米を使って仕上げた加賀伝統の甘旨口に仕上がっているといえるでしょう。

しかし甘口ながらも、後口はキレがあります。
日本酒があまり飲めない方や女性でも日本酒の旨みを堪能できるお酒といえるでしょう。


梅乃宿「月うさぎ」

梅乃宿「月うさぎ」発泡純米酒は、奈良県で造られている日本酒です。
こちらもジャンパンと同様、酸度は4.5と高めの発泡酒です。
日本酒度は-40、アルコール度7%となっています。

今まで清酒を飲んだ事のないという人や、女性の方にオススメできる飲みやすい日本酒です。
酵母の働きによって生じた炭酸ガスが日本酒に溶け込んでいるため、発酵炭酸ガスならではのキメの細かい泡と、爽やかなのどごしが特徴の日本酒です。
posted by nihonsyu at 11:56| 女性に人気の日本酒 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘口な日本酒『蒼星美酒』

創星美酒は甘口旨口特別純米酒と称されています。
日本酒の口当たりを評価する指標である日本酒度でマイナス15という甘口仕上げになっています。

一説には忍者も満足した甘口と言われています。
どういう意味だか分かりませんけど。

具体的に創星美酒はどんな味なのかと言いますと、熟した枇杷や杏、あるいは梨や瓜といった果実のような甘さ、といえばどんな甘さだか分かるでしょう。
なかなか真実を言わない忍者でも甘さを認めるほどの甘さ、と言う意味なのでしょうかね。

しかし、甘いだけではありませんよ。
後味としてナッツのような香ばしさが口の中に広がります。

日本酒党の人は甘いものが嫌いですが、創星美酒が日本酒党の人に受け入れられているのは、嫌な甘味が口の中に残らない、ということがあるからかもしれません。
甘口とはいっても、きりりと引き締まった後味なので美味しく飲みやすいです。


この果実のように爽やかで旨味のある味は、酸度の高さもかかわっていると言われます。
日本酒では普通1パーセント程度である酸度が、蒼星美酒では2パーセントと、甘みだけでなく、酸味もあるため引き締まった味わいに感じられるのです。

さらに、アミノ酸の量も4パーセントと旨味もたっぷりです。

こういった立体感のある味わいが創星美酒の醍醐味です。
しっかりとした味を持っているので、どんなつまみの味に負けることもなく、おいしく飲みつづけることができる日本酒だと言えるでしょう。

一日中働いて疲れている日本人の疲れを癒すには、最適の日本酒だと言えるでしょう。

淡麗辛口の日本酒、ドライな焼酎を好んで飲んでいる人でも、たまにはかわったものを飲みたい、そんなときにおすすめの一品ですね。

創星美酒の他にも嘉美心の純米大吟醸原酒生も甘口のお酒として知られています。
際立った個性を持った非常に滑らかな心地よい香り、そして最高のバランスの甘み、そして酸味が絶妙な調和を見せています。

嘉美心の純米大吟醸原酒生は、大吟醸をしぼりたてで直ちに瓶詰めし、すぐに冷凍保存した原酒の生酒です。
疲れて帰って来た時に、ちょっと1杯なんてことにももってこいでしょう。
皆さんも1度味わってみてください。

ラベル:蒼星美酒
posted by nihonsyu at 11:52| 日本酒「蒼星美酒」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月03日

日本酒八海山のケーキ

日本酒は基本的にそのまま冷(ひや)で飲むか、燗して飲むといった方法で楽しむと思いますが、現在では、カクテルのベースに使われたりもします。
また、料理酒といって、煮物などにお酒を少し加えることで隠し味になったりもします。

また、日本酒をケーキなどのお菓子の材料として利用することもできます。酒ケーキというものですね。

日本酒にもいろいろなブランドがありますが、その中でも比較的有名な日本酒に八海山という銘柄があります。
そのまま飲むための日本酒として人気があり、注文が殺到して手に入りにくいときもあるほどですが、その八海山を使ったケーキができました。

作っているのは太陽社というお菓子メーカーで、八海山がたっぷりと染み込んだ酒ケーキはなんと3ヶ月の熟成期間を置いているそうです。
その分、しっとりとした仕上がりになっています。
甘いものの苦手なお父さんにも嬉しい一品だと思います。

八海山が染み込んだ太陽社のケーキは、卵・砂糖・小麦粉・マーガリン・ショートニング・純米焼酎・麦芽糖・膨張剤などの原材料から作られています。
もちろん、風味を決定付けるのは純米吟醸酒の八海山です。
開封と同時にさわやかに香る銘酒八海山の爽やかな芳香は、洋酒を使ったケーキとはまた異なる、よい意味で表現しづらい深い香りです。
そして、そのケーキにナイフを入れた瞬間、しっとりとナイフに吸い付いてくるような感触があり、しかもしっかりとその中に銘酒を含んだきめの細かいスポンジはなんとも言いいようのないすばらしい柔らかさなのです。

八海山だけでなく、日本酒を材料に加えたケーキというのは多くなってきています。
パウンドケーキやシフォンケーキなど、西洋のお菓子に日本酒が加えられているのは、なんとなくおもしろいものですね。

こういった日本酒を使ったケーキの中には、手作りで作れるレシピなどが公開されたものもあります。
お菓子作りが好き、そんな人は、自分でレシピを見て実際に作ってみるのもよいのではないでしょうか。
自分だけのオリジナルケーキが、自分の好みに応じて作れるため、とても楽しいものです。

毎日家族のため、一生懸命、仕事を頑張っているお父さん。
甘いものが大好きなお父さんなら、誕生日のケーキや父の日のプレゼントなどとして、八海山のケーキをあげてみてはいかがですか。

甘いものが嫌いなお父さんなら、八海山そのものを贈ってあげるのもいいかもしれませんね。
ラベル:酒ケーキ 八海山
posted by nihonsyu at 12:02| Comment(0) | 八海山のケーキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。